個人再生したら大きなデメリットがあるの?将来にに影響ありますか?

個人再生したら大きなデメリットがあるの?将来にに影響ありますか?

個人再生したら大きなデメリットがあるの?将来にに影響ありますか?

個人再生のデメリットは借金がなくならないことです。自己破産をすれば、すべての借金はなくなります。税金の未納などは残りますが、銀行や消費者金融からの借金や、個人から借りた借金についてもすべてなくなります。これと比較すると、個人再生では借金がすべてなくなることはないというデメリットがあります。ですから、手続きを完了させたとしても、その後は残った借金を返済していかなければなりません。

このようなデメリットはあるもの、返済はかなり楽になると考えられます。というのも、返済しなければならない金額が大幅に圧縮されるからです。圧縮されたとしても借金は残るのですが、具体的にはどれくらい残るのでしょうか。

まず、借入金額が100万円未満の場合には減額されません。100万円から500万円なら、100万円だけが残ります。500万円から1500万円であれば、5分の1だけが残ります。1500万円から3000万なら300万円です。3000万円から5000万円であれば10分の1となります。

500万円から1500万円くらいまでの金額の人が多く、そのために個人再生では借金が5分の1になるといわれることが多いです。これだけ大幅に減らしてくれますが、残った分はその後に返済をしていかなければなりません。そして、その返済期間は3年となっています。3年間で返済できないと判断されれば、個人再生を利用することはできないというデメリットもあります。