個人再生をすると官報に載るってしまう?そもそも官報ってなに?

個人再生をすると官報に載るってしまう?そもそも官報ってなに?

個人再生をすると官報に載るってしまう?そもそも官報ってなに?

個人再生は債務整理の方法の1つです。
借金の返済が難しくなり、延滞を起こす事で金融機関からの取り立てや催促を受けるようになります。
収入が激減してしまう事で、今までは返済が出来ていたものが、急に返すためのお金が工面できなくなると言うケースが有ると言います。

個人再生の特徴は借金の額が5分の1に減額される事であり、減額後の借金の金利も引き下げられるため、個人再生の手続きを行う前と比べると返済が楽になります。
また、所有している場合は、マイホームを売却せずに債務整理を行えると言うメリットが有ります。

個人再生は裁判所を通じて手続きを進める債務整理で、裁判所に再生計画案を提出して、それが受理されることで借金が5分の1まで減額されることになるのです。
尚、裁判所で決定する事項と言うのは、官報に掲載されると言う特徴が有ります。

官報は、国の情報誌なのですが、裁判所などで閲覧が可能になっています。
一般の人が官報を目にする事は無いため、あの人が裁判所で債務整理を行ったと言った事実を知ることは有りません。
但し、官報に掲載された事実と言うものは、金融機関が申し込み者の情報として利用をしている信用情報機関が官報の情報を共有化をしています。

信用情報機関には個人信用情報と呼ばれる情報データベースが有り、申し込みに来た人の信用情報を照会して審査を行っていますので、個人再生などの債務整理の履歴が残されている事で審査に通らない事になります。